頑張ろう!クライストチャーチ

0 件のコメント
タイトル通り!クライストチャーチは只今復興に向けて頑張っています。
久し振りの「不動産」関連ブログはHarcourtsのレポートやHeraldの記事等を参考にして書いています。

カシーデル教会

2月22日。去年の9月に引き続き2度目の大地震がクライストチャーチを襲い、我々不動産業者にとっては「最悪」の出来事かに思われました。
当然2月のセールスは伸びるわけありません。通常、クリスマス前の12月20日頃までが夏の前半セールの「ピーク」。但し去年は前倒しで10、11月の市場が最高だった為、12月は数字的にはあり得ない「落ち込み」を見せましたが、あくまでも10、11月分を組み込んで考えれば、去年の不動産マーケットは高水準をキープした結果になりました。
*オークランド    Dec2010 住宅価格前年比 1.6%DOWN
*クライストチャーチ Dec2010 住宅価格前年比 2.2%UP
オークランドのダウンは12月単月での数字で10月平均価格$460K,そして11月$477Kと伸びた煽りを受けての$455Kと言う数字です。ちなみにクライストチャーチはDec2005に記録的な$490Kと数字をつけましたが、その後は低迷しておりましたが、近年では一番高かったDec2009を2.2%UPという事は9月の地震後影響も少なく伸びている状態でした。

アーチCHCH

そして1月というのはクリスマスホリディーの余韻が残る為、一時的に落ち込む時期になります。これは我々エージェントもクリスマス前に燃え尽き?そしてホリディーを満喫して、「さあ!2月、3月に向けて頑張るぞ!」という所謂充電期間でもあります。まあどちらかと言うとお客様のほうが「ホリディ」を満喫している節が強いのですが。お客様あっての我々エージェントの商売ですので。但し今年の1月は好調で数字を延ばし1月のオークランドは$490K(前年比$1000UP)、クライストチャーチは$365K(前年比$4000UP)でした。

そして2月。当然夏の最盛期で住宅販売は佳境に入ってきます。今年はオークランドは去年とほぼ同じ平均価格をキープしましたが、クライストチャーチは?最終報告では販売件数はもちろん地震を11日に受け、当然リスティング(去年の半分)やオファーの受付(去年の45%)に多大な影響が出ましたが、平均価格は去年を3.3%上回る$361Kでした。この数字は地震の影響を受けてはいますが、クライストチャーチの住宅販売が必ずしも落ちていないという証拠でもありますし、その背景で災害を受けながらも頑張ったエージェントの活躍も見受けられます。これは我々業界の人間としては「たくましい結果」とも思えますし、現在もマーケットの復興の為、被害を受けた建物の家主さん(Vendor)と共にファイナンスや修繕のアドバイス等一致団結して以前の姿を取り戻そうと必至に毎日営業活動に励んでいるというレポートがHarcourtsのCEOからも入って来ています。
残念ながら3月の数字は大きく後退してはいますが(前年比−10%:平均販売価格$350K)、今後修繕や町の整備(もちろん問題は沢山ありますが)が進む事によって以前の姿を取り戻していく事でしょう。もちろん4月の実績でその進捗具合が数字で見える事でしょう。私も期待しております。

エイボン川

地震の被害にあったレストランのオーナーさんも、今「再建」に向けて必至に頑張っています。ニュージーランド南島の最大都市:ガーデンシティの復活を応援しています。あの美しかった町並みは、みんなの努力で必ず!復活出来る事を祈っています。

*今回ブログには私の旅行した時(2010年4月)の写真を敢えて掲載させて頂きます。痛ましい写真を見るのは皆さんもううんざりでしょうから。

0 件のコメント :

コメントを投稿